下記画像をクリックすると楽天市場のショップにあるショーメ(CHAUMTE)の結婚指輪や婚約指輪の詳細ページに飛びます。

キリスト教の女性と結婚指輪

美しい人物のための神の基準が支持されるとき、それは永続する魅力と互いへの接着のために装飾的なものを着るのに必要でありません。実際、いくつかの場所の聖書は、宝石の金と他のアイテムを着ることを非難します。

そして、聖書は記号的な理由のために金を着るために、どんな例外でも作りません。結婚指輪がその想定されたか本当のsymbolismsのため、つけられるとき、それは他の宝石を着ることへの道を開きます、なぜならば、記号的な重要性を持つと言われているありとあらゆるショーメの結婚指輪とピンがあります。

使者ピーターは、キリスト教の女性に、彼らの良さが「大きな価格の神の視界にある、消極的で静かな精神の髪を三つ編みにすることで、そして、金のすり減ることでとても外へ飾る、あるいは、進行中にパットすることのの[ファッショナブルな衣類]、しかし、それを心臓の隠れた男であるとしてください、腐敗しやすくないそれで、装飾さえ」(1人のピーター3:3、4)にあってはならないと書きました。

この同じ前後関係では、ピーターは金と他の装飾(信じている妻の側の内部の純度の生命に結合する)をつけることを省略することが信じない夫を獲得するのを助けると断言します。完全性と道徳的な純度の男性と女性の側のショーメの結婚指輪の欠如は、かけがえのない機会を彼らがなぜ世界をする習慣に続かないかについて疑問に思うかもしれない人々を証言するために時々提供もするかもしれません。


適度の出演。良いふるまいと純粋なスピーチは、互いの方へ性のポンティーの態度に動機づけするのに大いに役立ちます。きちんとベールをかけられて(1人のコリント人11:1-16)、「しおらしさ[蓄えと臆病]とまじめ...で、適度の衣類で飾られるキリスト教の女性信心を明言しているどのbecomethな女性」(1人のティモシー2:9、10)、多くを両方の男性と女性の側の健全な考えと正常な生計に貢献させもします。

カテゴリ
最近の記事
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。